ITF21はサンダーバードを中心としたジェリー・アンダーソンSF作品のファンの交流の場として設立されました

今度は間に合った...かな?

GO版のTBトミカを出しているタカラトミーから今月ついにクラシック版のTBトミカが発売されますが、店頭でキャンペーンが実施されます。
クラシック版トミカを3台以上同時購入で、小松崎茂氏のアートポスター(A4版)がもらえるということです。
http://www.takaratomy.co.jp/products/thunderbirds/news/#news160913_01
http://hobby.dengeki.com/news/260675/

明日2016年9月17日(土)から開始で、なくなり次第終了ですのでお早めに。
今回は1~5の5台のみなんですね。ペネロープ号なんかトミカと相性が良さそうなのに。
第2弾があるとすればそちらで出るんでしょうか
スポンサーサイト
[ 2016/09/16 19:59 ] デミタス | TB(0) | CM(4)

間に合うか...

本日21時よりEテレにて放送されるクラシック音楽館のプログラムが以下のようになっています。
http://www4.nhk.or.jp/ongakukan/

<N響ほっとコンサート~ヒーロー&ヒロイン大集合~>

毎年恒例の親子で楽しめるコンサート。今年のテーマは“ヒーロー&ヒロイン大集合!”
正統派ヒーローから、ダークサイドのヒーロー、戦国時代のヒーローまで、あらゆるヒーロー&ヒロインにちなんだ名曲を、N響のダイナミックな演奏でお送りします。

1.「スーパーマン」から スーパーマン・マーチ(ジョン・ウィリアムズ)
2.SF交響ファンタジー 第1番から(伊福部 昭)
3.「サンダーバード」から(バリー・グレイ)
4. 大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽(服部隆之)
5. カルメン幻想曲(ワックスマン)
6.「千と千尋の神隠し」から「あの夏へ」(久石 譲)
7.「魔女の宅急便」から「海の見える街」(久石 譲)
8. 交響詩「ウルトラセブン」から(冬木 透)
9. ワルツ「皇帝円舞曲」(ヨハン・シュトラウス)

管弦楽:NHK交響楽団
ピアノ:小林愛実
バイオリン:服部百音
指 揮:広上淳一
ナビゲーター:平井理央
(2016年7月31日 NHKホール)

あと30分もありませんが、どなたかのお目にとまりましたら幸いです。
[ 2016/09/04 20:34 ] デミタス | TB(0) | CM(0)

アオシマ新製品

アオシマのHPがリニューアルされ、ホビーショー発表の新製品が紹介されています。
サンダーバードシリーズのナンバー15として、磁力牽引車のシングル走行版が発表されています。
http://www.aoshima-bk.co.jp/
http://www.aoshima-bk.co.jp/product/4905083007860/

以下アオシマHPの説明文より
好評発売中の2chリモコン磁力牽引車にシングル(両軸)モ-タ-採用により、前進、後進スイッチの切り替えで、磁力ケーブルの発射、ケーブルの巻き取りを可能にしました。2号機専用部品も封入しています。

電動走行とケーブルアクションは、スイッチ等で切り替え可能なんでしょうか。
また単4電池2本使用で価格は3,800円(税別)とのことです。
現行リモコン版は5,800円(税別)ですから、かなり下げてきましたね。
2号機用の部品も入っていますし、リモコンにこだわらなければ、こちらでそろえてもいいですね。
同一キットで、動力機構が異なるバージョンが並行して販売されるのって、超特大TB2以来ですかね。

ところで、パッケージはどうなるんでしょうか。
同一の箱絵だと混乱を招きそうですし、今回こそ初版イラスト使用となるんでしょうか。
[ 2015/04/13 20:05 ] デミタス | TB(0) | CM(0)

海洋堂メガソフビ サンダーバード2号

ワンフェスでも展示されていたメガソフビの予約が始まったようです。
アマゾンや各ホビーショップで順次ページが公開されています。

アマゾン説明文
全長、もしくは全高が4~50cmというサイズはミニチュアが最も魅力的に見えるサイズと言われています。
「メガソフビアドバンス」はその見栄えを最優先した大サイズの塗装済みの観賞用フィギュアです。
全長50cmのサンダーバード2号が登場。
プロップのプロポーションを忠実に再現する為、コンテナを敢えて一体化。
またウェザリングなど塗装表現も徹底的にこだわり、観賞用モデルに特化した仕様となっています。

50センチということは、かつてのイマイ製ビッグモデルや、タカラ製電動伸縮脚2号とほぼ同サイズ程度でしょうか。
ただ、コンテナをあえて一体化したということが、セールスとしてどう響いてきますか。
あとから、コンテナ分離可能な完全版が発売なんてかんべんですよ、専務。
[ 2015/02/25 19:20 ] デミタス | TB(0) | CM(1)

大伴昌司《SF・怪獣・妖怪》秘蔵大図解

大伴昌司氏の「少年マガジン」や「ぼくら」に掲載されたSF・怪奇記事を復刻した書籍が販売中で、サンダーバードの記事も掲載されています。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1106454572/subno/1

http://www.yodobashi.com/ec/category/index.html?word=9784063649635

なかなか大胆な描写が散見され、TBの記事では海上に2号のコンテナが3台あったり、似ても似つかないジェットブルドーザーが走っていたりします。
また、ほかの記事でも大魔神が手足の先から火炎放射したり、「ゴジラとジラースは兄弟でしょうか」と言う質問に「同じ仲間です」と答えたり、時代のおおらかさを感じられる箇所が多いです。
当時世代の方であれば雰囲気を思い出しながら楽しめると思います。

ただ、残念なのは復刻記事のみで解説が全くないので、一部元ネタや製作会社を明記している部分以外、大伴氏のオリジナルなのか他の作品からの引用なのか判別しづらい点でしょうか。(「かんてら人間」と言う名称で、ジェイムスン教授を紹介しているといった具合です)
[ 2014/10/23 07:06 ] デミタス | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Author:ITF21

カウンター