FC2ブログ
ITF21はサンダーバードを中心としたジェリー・アンダーソンSF作品のファンの交流の場として設立されました

「小松崎茂展2019」グッズ通販開始

9月に開催された「小松崎茂展2019」で販売されたグッズの一部の通信販売がはじまりました。

ブレインポリスオンラインショップ

残念ながら「イルカがせめてきたぞキーホルダー」や「ポストカード」はありませんが、ほとんどがアンダーソン関係の物です。
数量限定なので、興味のある方は早めに購入される方がいいとおもいます。

前からサンダーバードのマグカップ欲しかったし、でも1500円かあ。
どうしようかなあ。
スポンサーサイト



[ 2019/10/14 09:03 ] 飛鳥 | TB(0) | CM(0)

デアゴスティーニ 週刊サンダーバード秘密基地 試験販売再開しました

昨年12月に群馬・宮城でも試験販売が中止となり、企画がなくなったと思っていたデアゴスティーニの「週刊サンダーバード秘密基地」が9月17日より広島で改めて試験販売が始まりました。

週刊サンダーバード秘密基地

ネットでも購入できるようなので、興味のある方は検索してみてください。
[ 2019/09/30 22:52 ] 飛鳥 | TB(0) | CM(0)

お知らせ:デアゴスティーニ サンダーバード秘密基地販売中止

群馬県、宮城県で試験販売されていた、デアゴスティーニのサンダーバード秘密基地は6号で販売中止になりました。
デアゴの場合、試験販売で中止になったものは企画がなくなるので、おそらくこのままフェードアウトになります。

残念ながら思ったほど売れなかったんですね。
まあ、個人的にはやはりTB秘密基地はあのイマイの秘密基地のインパクトだからこそ売れたのだと思うので仕方ないのかもです。
できればデアゴにはこれに懲りずに新しい企画を期待したいです。
[ 2018/12/12 22:13 ] 飛鳥 | TB(0) | CM(2)

ジェリー・アンダーソン コミカライズ大全という漫画が発売されます 

自分のブログにも書きましたが、こちらでも同じ内容で紹介します。

講談社KCデラックスレーベルで、「ジェリー・アンダーソン コミカライズ大全」という本が出版されます。
現在のところ、3巻まで告知されています。

収録内容と発売予定日は以下。

第1巻 6月28日
『サンダーバード』(幼稚園/66年9月号~67年3月号、小学一年生/66年9月号~67年3月号)、
『海底大戦争』(少年マガジン/64年39号~65年10号)ほか。

第2巻 7月26日
『サンダーダード』(小学四年生/67年11月号~68年2月号)、
『ジョー90』(たのしい幼稚園/68年12月号~69年5月号、ぼくらマガジン/69年1月号~6月号)ほか。

第3巻 未定
『サンダーバード』(少年マガジン/67年36号・図解)、
『謎の円盤UFO』(ぼくらマガジン/70年38号~71年13号、たのしい幼稚園/70年11月号~71年3月号)

大学生のころ、ケイブンシャの超百科「サンダーバード」「キャプテンスカーレット」で漫画があったことを知りました。
思い出せば子供のころ、家にあった少年サンデーでスカーレットを、ぼくら付録でジョー90を読んだことを思い出し、いつかこれらの漫画を全部読んでみたいと思いました。

そしてほぼ20年前からアンダーソン関連のコミカライズの収集をしていました。
ですので正直言って、まさかこんな本が出版されるなんて思いもしませんでした。
めちゃうれしいけど、売れるのかが心配になります。

サンダーバードのコミック化権は当時小学館の独占契約でした。
学年誌では小学1年生と小学4年生での掲載だったのでその両方が収録されるようです。
海底大戦争スティングレイ、ジョー90、謎の円盤UFOは講談社の独占契約でした。
なので、今回の収録では出版社に残っている保存用からスキャンしているものと思われます。

海底大戦争は前半は遠藤昭吾さんの絵物語、公判が藤田茂さんの漫画となります。
僕の認識では65年の8号で連載は終わってると思っていたんだけど思い違いかなあ。

ジョー90の「ぼくらマガジン」というのは記載ミスです。
掲載誌は月刊誌の「ぼくら」で「ぼくらマガジン」が創刊されるのは69年11月です。

「ぼくらマガジン」の謎の円盤UFOは漫画ではなく写真コミックスというテレビのスチール写真にセリフや効果音、説明文を入れたものです。

サンダーバードの漫画は他にもありまして、小学館ブック、小学館コミック、TBSコミック増刊で連載されています。
そして僕が未だ未読なのが朝日ソノラマの「ウルトラブックスサンダーバード6号」に掲載された映画サンダーバード6号のコミカライズです。
今回の収録内容で、1巻と2巻に「ほか」とあるのでその辺が収録されるかどうかが気になります。

それと、キャプテンスカーレットが一切収録されていないようですね。
スカーレットのコミカライズは膨大な量となります。
通常の単行本ページ数であればスカーレットだけで4冊か5冊になります。

スカーレットは小学2年生の68年6・7月号であすなひろしさん、小学5年生68年4~7月号に宮谷和彦さんが描いているというだけでも漫画ファンとしては読んでみたいんじゃないでしょうか。
また小学3年生では平井和正さん、6年生では梶原一騎さんがストーリーを担当しています。

ここまで文字ばっかりなので。

僕は1998年ごろからアンダーソン作品のコミカライズを集めていました。
2003年に開かれたのITF第5回板橋オフ会でコミカライズに関する冊子を作り配布しました。

1 マンガ世界のサンダーバード 漫画で見るアンダーソン作品
マンガ世界のサンダーバード 漫画で見るアンダーソン作品
表紙の絵は「TBSコミックス増刊サンダーバード」から、絵は井上英沖さんです。

2 マンガ世界のサンダーバード 漫画で見るアンダーソン作品
裏表紙は、
「ぼくら」ジョー90 一峰大二さん
「小学一年生」サンダーバード 井上英沖さん
「少年ブック」キャプテンスカーレット 旭丘光志さん
「小学館ブック」 西はじめ(中城けんたろう)さん

冊子の内容は
テレビ作品別漫画解説
雑誌解説
作家解説
出版社解説
コミカライズ一覧(雑誌掲載リスト)
という構成にしていました。

作成から15年がたっているのでその間に入手した資料が載っなかったり新たに分かったことなんかもありますが、この冊子をまとめたおかげで、今でもすぐにアンダーソン作品コミカライズについて確認できます。

ついでに冊子中に載せた画像ページです。

3 漫画で見るアンダーソン作品 海底大戦争スティングレィ
海底大戦争(スティングレイ)
遠藤昭吾さんの絵物語はDVDの付録として完全収録されてます。
4 漫画で見るアンダーソン作品 サンダーバード

サンダーバード 1
メカとキャラを中心に集めました。
小学館「幼稚園」がこの時点で未入手だったため画像にはありません。
またウルトラブックスの漫画を知ったのはつい数年前のことなのでこれも載っていません。
5 漫画で見るアンダーソン作品 サンダーバード

サンダーバード 2
漫画に登場した怪獣を集めています。
怪獣や悪人と戦うのがいかにも時代ですね。
ほかに「ウルトラQ ペギラが来た!」をそのままし丸パクリしたのもあったります。

6 漫画で見るアンダーソン作品 キャプテンスカーレット
キャプテンスカーレット
おそらく日本で初めて放送前から雑誌タイアップというメディアミックスを行った作品です。
そのため掲載誌も作家も多数に上り、とてもじゃないけど全部は収録しきれませんでした。
総じて劇画系の絵のしっかりした方が描かれています。

「少年サンデー」の江波譲二さんのは、最初は面白いのですが不人気から途中で2ページに減らされてしまいました。

一番読みごたえのあるのは集英社「少年ブック」の旭丘光志さんのものだと思います。
少年漫画SF作品としてすごい結末となっています。

少年ブック 昭和43年1月号 キャプテンスカーレット 第1話前編 旭丘光志

少年ブック 昭和43年2月号 キャプテンスカーレット 第1話後編 旭丘光志

7 漫画で見るアンダーソン作品 ジョー90 UFO
ジョー90 謎の円盤UFO
この時点で、久松文雄さんのジョー90と一峰大二さんのUFOは未入手でした。

一峰大二 ジョー90 第一話 講談社ぼくら昭和44年新年号付録

一峰大二 ジョー90 第二話 講談社ぼくら昭和44年2月号付録

たのしい幼稚園 なぞのえんばんUFO 一峰大二

3冊出版された時点で、改めて収録内容や未収録作品についてまとめてみたいと思っています。
[ 2018/06/02 17:04 ] 飛鳥 | TB(0) | CM(0)

デアゴスティーニからTB2専用発射台ディスプレイベースが発売されます 

デアゴスティーニの「週刊サンダーバード2号&救助メカ」の
2号専用発射台ディスプレイケースの予約が始まりました。

https://deagostini.jp/select/detail.php?id=13715

ディズプレイベースが24,800円(税別)
専用アクリルケースが12、000円(税別)

サイズは縦42cm、横76cm、高さ36cm(アクリルカバーを付けていない状態)。

高いしデカいけど、この商品は完成したあとの保管用の箱がなかったので
いいかもしれません。

予約は5月末まで、発想は9月中旬以降となります。
完全予約制とのことなので、確実に欲しい方は気を付けてください。
[ 2017/04/16 14:43 ] 飛鳥 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Author:ITF21

カウンター