ITF21はサンダーバードを中心としたジェリー・アンダーソンSF作品のファンの交流の場として設立されました

オフ会ネタ・・・ "Thunderbirds Elevator Car"・・・完成したら持って行きます。

Elevator Car の殆どのパーツを解析・特定しましたので、検討用モデルの制作に取り掛かっています。
過去にLARK製(現WAVE)の傑作ガレージキットやUNCLE製ガレージキット等
とても良く出来た物も有ったPod Vehicle(コンテナ・メカ)です。
海外でも数人のアマチュアによる制作物やプロフェッショナル(M・バウアー氏)の手による制作物等が知られています。
ですが、多くの使用パーツ(キットやトイ、その他から流用されている物)を解析・特定して復元または再現されている制作物は無い(誰一人解析・特定に至っていない?)のが現状です。

そこで、この難関に挑戦してみましたよ。
巧く行って完成に至ったら今度のオフ会に持って行きます。

さて、私が模型を造る際には通常以下のような手順を踏みます。

1.ターゲット(造りたいスタジオ・モデル(所謂プロップ))に使用されている部品(流用パーツ)の解析・特定。
2.上記部品を元に第一図面作成。
3.第一図面を元に検討用モデルの制作。 ← 今、ここ。
4.上記制作物を元に第一図面を修正、最終図面作成。
5.最終図面を元に本番制作。


現在、検討用モデルの制作まで来た段階ですが、流用パーツの解析・特定を出来た者にしか判らない点が多く有ると思います。
例えば運転席を有する部分(Front Car)とFire Flashを受け止める荷台を有する部分(Rear Car)とを左記の通り便宜上Front CarとRear Carと言う呼び方に分けた場合、Rear Carのサスペンション部分を除いた本体がこれほど細い(幅が狭い)ことは私も含めて多くの方が今まで想像してきたことを大きく裏切る事実であると言えるでしょう。
IMG_EVC_001_compressed.jpg
IMG_EVC_002_compressed.jpg

ここでアップロードしている画像はあくまでも第一図面の検討用モデルであって、これが最終的な制作物に成る物ではありません。
これは第一図面を修正する、或いは第一図面の間違いを見つける目的においてのみ、端材(多くは今までの木工や工作からでた木材の切り端)から立体を造り
そこに解析・特定した流用パーツを貼り付けただけの物です。

余談ですが、この段階で木材を切ったり削ったりして検討用モデルを造っている時が実は一番楽しい時です。
本番制作で幾多の樹脂を使ったり有機溶剤の臭いに塗れている時よりも、またその結果出来上がった物を眺めて感慨に耽る時よりも、この段階で木を切って、削って、木工用ボンドで貼り付けて出来上がりを想像している時が何より楽しいです。
そしてその過程で切れ味が落ちたと感じた刃物(鑿や鉋)を研いだりするのもまた楽しみの一つであったりします。

さて、Elevator Carの流用パーツについて少しだけ触れておきましょう。
使用されたパーツの内、最も入手が困難なのがダブル、6軸、計12個使われている画像のタイや(Wheel)です。
このWheelはその材質を含めた仕様(実際に空気入れを用いて膨らます真の意味での中空タイヤであり極薄いゴム製)故に現存する物が極めて少ないのが現状であり、Thunderbirdsのスタジオ・ミニチュア(所謂プロップ)で使用された物としてはヴァイガー・トラクター以上に希少であると言えます。

今回のオフ会は前段にサンダーバード博を楽しむと言う企画があるため、そこで展示されているであろうプロフェッショナルな方々が造られた素晴らしい模型の数々とはたぶん被らないであろうという目論見からの選定です(笑)

順調に制作が進んで完成したならオフ会に持って行きますので、そこでまた興味深い話しも出来ると思います。

スポンサーサイト
[ 2013/07/26 16:51 ] 金田 | TB(0) | CM(3)
金田様
ご無沙汰しております。
昨年は欠席しましたが、今年のオフ会は参加の予定です。
どうぞ宜しくお願い致します。
つ、遂にElevator Carなんですね!!完成を心待ちにしております。
将来的にはRadio Controledの3台も是非に!!
[ 2013/07/27 08:47 ] [ 編集 ]
私も昨年は欠席でしたので、2年振りに皆様に会えるのを楽しみにしております、よろしくお願いしますね。

3台は・・・タイヤを数えてみてよ(汗)
[ 2013/07/28 05:35 ] [ 編集 ]
おーエレベーターカーやぁ
金ちゃん 今年はこうきましたか・・・
大丈夫サンダーバード博には エレベーターカーは
ありませんでした。(笑)

楽しみにしてます。

[ 2013/07/30 23:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

Author:ITF21

カウンター