ITF21はサンダーバードを中心としたジェリー・アンダーソンSF作品のファンの交流の場として設立されました

オフ会終わって1週間・・・Thunderbirds Elevator Car

オフ会に参加して下さった皆様ありがとうございました。
今回は会員の参加がいつもより少なく、始まるまで不安だったのですが、
そんな心配もよそに一般参加の方から貴重な音源を頂いたり、またコレクションを見せて頂いたり
大いに盛り上げて頂き本当にありがとうございました。

下の記事で今回のことを的確に表現して下さっているmarineさんのコメントにもありがとうございます。

さて、あれから1週間が経ち作業場も片付けて少しばかり木工をと・・・
いや、端材で箱を造っただけなんですけどね・・・


これをやりたかったんです。
Elevator Car


Elevator Carにも少しばかりの手直しと汚しを追加して写真を撮影。

名シーンを模型で再現・・・出来るのか???
つづきは目一杯想像力を働かせて見てね。

3番PODから降りてくる1号車。
Elevator Car_0001

29番滑走路の端へと向かう。
Elevator Car_0002

同じく3番PODから降りてくる無線操縦の2号車。
Elevator Car_0003

いよいよ救助作業の開始、Fire Flashを受け止めるべく走り出す1号車。
Elevator Car_0005

右翼を受け持つ2号車は荷台が最下段まで降りた状態で走行。
Elevator Car_0006

左翼を受け持つ3号車。
(注:何れの車体も横の車番プレートとRadio Controlled・・・の文字板は撮影しているカメラ側にしか取り付けられていません)
Elevator Car_0007

無線操縦のコントロールを失い29番滑走路を大きく外れる3号車。
Elevator Car_0008

3号車のエラーで中断した救助作業を再開するために4号車が出動。
(注:車体前と横の車番プレート「4」の数字はこのシーンでは同じ書体)
Elevator Car_0010

Fire Flash機首部分を受け持つ1号車。
Elevator Car_0011

左翼を受け止めた4号車は右へと傾ぐ。
(注:救助作業中の4号車は車体前の車番プレート「4」の書体がPODを降りてくる物とは異なります)
Elevator Car_0012

Maximum BrakeをかけるElevator Car。
Elevator Car_0013

バーストしながらも耐える4号車。
Elevator Car_0014

ついに1号車もコントロールを失い・・・
Elevator Car_0015

滑走路を外れて横転。
Elevator Car_0016


上記シーンで横転したプロップは車体右側を大きく損傷してしまいますので、
尺延長で最後に追加撮影された、3号車が駐機しているEuropian Airwaysの旅客機に衝突するシーンは
車体左側にアナグラムの車番プレートを取り付けて向かって右から左へと走らせて撮影、
編集時に左右反転しています。
Elevator Car_0017
ここではアナグラムにし易いように「3」の書体は上下の「C」が同じ物を使ってます。
つまり鏡像のインレタを作って使用した訳ではなく、単純に車番プレートを180度回転して貼り付けています。
マジックですねぇ~・・・
スポンサーサイト
[ 2013/09/23 15:38 ] 金田 | TB(0) | CM(2)
劇中再現画像キター。
執念でオフ会迄に完成された事、感謝致します。
本当にお疲れ様でした。
見れば見るほどに趣の有るプロップですよね。
パイロットに登場するメカということで、当時のスタッフの力の入れ様を感じます。
2年振りの参加でしたが、皆様のTBに対する深すぎる愛を体感し楽しい時間を過ごす事が出来ました。
CDは今回「IRCマーチ」以外はしょぼくて申し訳ありませんでした。
前々回の4枚組でネタが尽きてしまったもので・・・。
次回またお会いしましょう。
[ 2013/09/26 07:16 ] [ 編集 ]
4枚組は今でも宝ですよ。
このようなプライヴェート盤の配布をして下さる方(あなた)がいらっしゃるのも
このオフ会の良さですね(感謝!)
ところで今回この模型を造りながら思い出したんですけど、
前にメールで送ってもらったElevator CarがPODから降りてくる音源で途中が音飛びしてるやつ。
あれを改めて聴いてみて、これはやっぱり左右の分離や広がりもとても良いなと思うので
是非、完全なのを探し出して下さい、期待してます。

帰りは大変だんじゃない?台風で。
[ 2013/09/26 21:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

Author:ITF21

カウンター